# 勤怠管理システムの落とし穴とは

従業員証と一体化になっているICカードを利用して、勤怠管理をしている会社は、万が一従業員証を忘れてしまいますと、その日の勤怠を報告出来ないといったデメリットがあります。ですが、従業員証を忘れてしまったからといって、きちんと会社に出勤しているのにも関わらず、その日は出勤していない扱いになってしまったら、大変ですよね。そういった場合には、オンライン上のシステムで手入力をする事で、報告が出来るという会社が殆どです。ですが、ただ報告をして終わりという訳ではありません。オンライン上のシステムで手入力をして報告をする場合は、必ず上長の承認が必要になります。この場合、上長にきちんと事情を説明したうえで、承認をしてもらう必要がありますので、大変な事なのです。本来、従業員証を忘れるという事は、絶対にしてはいけない事です。ですが、人間であれば時には忘れてしまう事もあるでしょう。その場合は、しっかりと上長に報告をして、承認をしてもらうようにしましょう。


勤怠管理システムを導入して、業務効率をはかろう

勤怠管理システムをタイムカードからオンライン上に切り替える事で、沢山のメリットがあります。まずは、企業の業務効率化をはかる事が出来るといった点です。手作業で計算をしなくてはいけない、面倒な給与計算などが、一括で計算をする事が出来ますので、大変便利です。そして、タイムカードでよく起こりがちな、不正打刻や不正残業を防ぐことも出来るのです。ICカードを使用した勤怠管理システムでしたら、従業員が出退勤した時間を、細かく管理する事が出来ます。フロアの入出管理も一緒にする事で、絶対に不正をする事は出来ません。タイムカードですと、誰もがタイムカードを押せたり、時間を誤魔化して打刻する事で、簡単に不正をする事が出来ますので、企業側にとってはデメリットなのです。勤怠管理システムを上手に利用する事で、企業の業務効率やコスト削減をはかることが出来ます。ですので、まだ導入していない会社は、是非導入する事をおすすめ致します。


勤怠管理は自分の企業にあったものを適用しよう

職種によっては労働のやり方というのは変わってきますが、それに加えて企業としても企業によって労働のやり方というのは変わってきます。なので勤怠管理システムを利用するに当たってはその自分の企業にあったようなシステムにしなければならず、そのためにはまずは自分の企業の就業規則を見直す必要があります。例えば仕事柄、労働時間が毎回変動するところはそれに応じたシステムにしなければなりません。また頻繁にシフト管理が必要なら、そのシフトに応じて管理をできるようなシステムを組む必要があるといえるのです。そして規模も大事で自分の企業に見合った規模にしないと、勤怠管理だけで人手を取られてしまい、肝心の本業の方が疎かになってしまう危険性があります。また、労働の法というのは常に変わるものであり、その法にも順応に対応できる作りにすることも求められます。