# 勤怠管理を行う方法について

勤怠管理は給与にも大きく関わってくるので、しっかりと管理をしなければいけません。不正が起こらないようにすることも大切なことなのです。最近ではパソコンと連動して管理を行うことが出来るようになっています。パソコンが稼働をしているということは在席をしているということになってくるのです。オンラインで管理をすることができるようになっているので、人事部との連携も行いやすくなってきているのです。企業独自のシステムを導入していることも多く、情報が漏えいをしないように配慮をすることが可能となっています。正しい勤怠管理を行わなければ、給与にも影響を与えますし、企業の損失にも大きく関わってしまうということがあるのです。だからこそ、慎重にならなければいけませんし、しっかりとした管理も行っていかなければいけないのです。


勤怠管理システムの今と昔の違いとは

従業員の出退勤時間を管理するための勤怠管理システムは、一般的にはタイムカードを用いて、従業員が自ら打刻をするシステムを取り入れている所が殆どです。ですが、最近ですと、タイムカードではなく、従業員証にICチップを取り入れた、ICカードを利用する事で、出退勤を管理している会社が多くなってきました。個人を識別するICカードを使用する事で、勤務状況をオンラインで管理する事が出来ますので、出退勤の誤魔化しをする事が出来ず、きっちりと管理する事が出来るのです。オンライン上で勤怠管理が出来るという事は、人事の業務効率にも大変役立ちます。今までは、タイムカードでしたので、手作業で勤怠のチェックをしておりました。ですが、オンライン上ですので、勤怠のチェックも簡単に行う事が出来るのです。このように、時代に合わせて、使いやすくなった勤怠管理システムは、会社の業務効率にとても貢献しているのです。


勤怠管理には、色々な種類があります

勤怠管理には、様々な種類があります。今、一番企業で取り入れられているのは、ICカードを使用した管理方法です。出退勤をする際に、フロアの入り口などに設置されている機械にICカードをかざすことで、管理を致しますので、大変便利です。また、このICカードは、主に従業員証などと一体化している事が多く、フロアへの入出なども兼ねて、合わせて管理をする事が出来ますので、一石二鳥なのです。しかし、派遣社員やアルバイトなどで、従業員証を持つことが出来ない人は、どのような勤怠管理をしているのでしょうか。その場合には、エクセルなどの表を使って管理をしている会社や、タイムカードを使用した管理をしている会社など、その会社によって管理方法は様々です。特に、派遣になりますと、就業先の会社と派遣会社の2つに勤務表を提出する必要がありますので、2種類の勤務表を用意している所もあります。このように、勤怠管理には、様々な種類があるのです。