# 効率を考えて勤怠管理システムの構築を

勤怠管理システムは労働者の労働時間及び日数、そして有給休暇といった仕事の時間に関するデータを管理するためのシステムです。そして労働時間というものはそのまま給与に関係するものとなります。給与は給与で給与関係のシステムが存在すると思われますが、勤怠管理はこのように関係するシステムであるので、もしシステム構築をするのならそうした給与システムと連携ができるようなものを作りましょう。そうすれば給与システムの方の管理が簡素化できて業務を効率よく進めることができます。そしてこれ以外にも関係するシステムがあるのなら、それらとも連携できるようにすれば更に効率化が進みます。なのでその場合には新しく作る側のシステムはもちろん、既に作成してあるシステムの方も連携ができるように新しく手直しをすることも考えてみるといいでしょう。


会社での勤怠管理について

現在勤めている会社での勤怠管理は、会社の入り口付近に設置されている指紋認証機械で行われています。入社が決まると自分の好きな指の指紋を登録して、機械に読み込ませます。そして朝出社したときと夕方退社するときに、それぞれのボタンを押した後で指紋を読み取らせ、データを管理しています。この機械は同時に入り口のドアの開け閉めの機能もあります。指紋の代わりにIDカードでもドアの開け閉めや、出社や退社の記録ができます。以前、年配のスタッフが指紋を読み取らせる前に指につばをつけているところを見てからというもの、指を機械につけるのが気持ち悪くなり、IDカードのみを使うようになりました。従ってIDカードは首からぶら下げていつも肌身離さず身につけているようにしています。オフィスを出なければトイレに行けないため、何回オフィスから出たのかも管理されているのだろうと思います。


会社の勤怠管理システムについて

皆さんは会社に勤務して働いた生活して給与を受け取るなどして生活を送ってきています。この給与の基となるのは会社の売り上げでして、この中から人件費が支払われてきています。そして多くの従業員が働いている会社においては、毎日の出勤や退勤時間などから働いた時間を計算して時間外においては手当をつけるなどして対応しています。この勤怠管理をきちんと行う事が会社に求められていまして、会社側は従業員の方がきちんと出退勤を押しているかをチェックしたりしています。そしてこれらの勤怠管理を手作業で計算していますととても多くの工数が発生してしまいますので、システムを導入して対応するケースが多いのです。そしてこのシステムは従業員の人数などによって異なりますので、企業においては自社に合うシステムをインターネットの情報サイトなども利用して選定しています。