# 勤怠管理とは何か、する意味とは

勤怠管理という言葉自体を知らない方もいることでしょう。この勤怠管理とは単純にいえば企業が社員達の労働を管理することをいいます。パートやアルバイトで働いている方でタイムカードを使っている方もいると思いますが、あれも立派なこの管理の一種です。ではこのシステムは何のためにあるのかというと、名称に怠けるという言葉が入っているので、そうした社員が怠けないように管理するものかと思われがちですが、正確には社員の労働時間を把握して、そこから体調を崩して倒れないために労働時間を調整するといった意味合いが強いシステム、ようするに労働時間の管理をすることで労働者自体の健康やモチベーション自体を管理するということです。更に言えば残業が多い場合にはどうして多くなってしまうのかという原因を突き止めるためのデータともなります。もちろんこれを管理するのは経営者なので、経営者が考えていかなければならないものであり、匙加減1つで事態が変わってくることもあるので難しい課題となっています。


勤怠管理が出来ていないとどうなるか

勤怠管理は企業における労働者の労働時間を管理するシステムです。簡単に書くとそうですが、このシステムは様々な面で機能していて企業にとっては必要不可欠なものです。では実際にこれが機能しない場合はどうなるのでしょうか。まず残業代が出なくなります。というのもこの勤怠管理によって残業時間も計算されているので、それがなくなると当然残業という概念自体がなくなるからです。後は労働時間の管理ができなくなるということで遅刻が多くなることでしょう。それは管理ができていなければ遅刻自体をシステム的に咎めることができなくなってしまうからです。そうなると他の労働者のモチベーションにも影響が出ます。そしてそもそも全体の問題として見れば労働時間の計算ができなくなるということは給与の計算自体ができなくなるということです。こうした面を見ていけば勤怠管理という存在が如何に企業にとっても働く側にとっても重要なものであるか理解できることでしょう。


勤怠管理はどのように行えばいいのか

勤怠管理は労働時間の管理をするシステムということが決まっているだけあって、どのようにするかというのは定まっていません。1つの方法として、やはり管理という意味合いではパソコンを利用した方が早いでしょう。そしてパソコンで従業員たちのデータを保管しておきます。ただ労働形態というのは雇用形態によっても変わるので正社員は正社員で、アルバイトはアルバイトで、といった具合に分別すれば更に管理しやすくなるでしょう。そして正社員の場合は勤務表を、アルバイトの場合にはタイムカードを使っていればタイムカードをそれ以外にICレコーダーを使っているのであればそのデータを元に残業を始めとした労働時間等を保管しておきます。またこうした作業は1人でやる場合には間違いがあると気づかないということになってしまいがちなので、複数で他の仕事に支障が出ない人数でやるようにしましょう。

具体的に私の会社では、勤怠管理の方法にツールを利用しています。クラウド型勤怠管理ツールネクストタイムカードという名前の勤怠管理ツールなのですが、定期などで使っているICカードをタイムカード代わりに使って出退勤しています。タイムカードがICカード代わりになったので、出退勤の作業自体はタイムカードと大差ないのですが、PCからアクセスできる管理画面から現在の出退勤情報が確認できて、便利です。 上記ツールであれば、管理権限をもっている人であればメンバーの勤怠情報が簡単に把握できるので、たとえ誰かが休んでしまったとしても、いるメンバーで勤怠情報の集計ができると思います。